マンション売却前の準備!「相場」を知ること
野中清志 住宅コンサルタント 野中清志 著

地価・新築マンション価格の上昇の影響もあり、エリアや物件によっても異なりますが、中古マンションの価格が上昇傾向にあります。政府の中古マンション市場を後押しする政策も相まって、中古マンションの需要が多くなってきており、マンションを売却する方も増えています。

マンションを売却しようとする際に、「何もわからないから、とりあえず不動産会社に全部任せてしまおう」とお考えの方も多くいらっしゃいますが、実はこれは損をする可能性があるのです。

不動産会社に任せる前にできる大切なことは、「相場を知ること」です。では「相場を知る」とはどういうことか見てみましょう。

売却の前にある程度の売却価格の目安を知っておく

マンションを売却しようとする際に気になることは、「いくらで売れるのか」ということではないでしょうか。そこで、まずは不動産会社に相談する方が多いと思います。

不動産屋さんに査定してもらい、それから売却や住み替えの検討や計画を立てるかと思います。しかし、ある程度の売却予想額は自分でも調べることができます。

ある程度の売却予想額を知っていることで、不動産会社が高すぎたり低すぎたりする査定を出した場合にわかります。

自分の条件に近いマンションが売りに出されていないかチェック

自分の条件に近いマンションが売りに出されていないかチェック

中古マンションを取り扱う不動産会社や、大手が運営している不動産売買のホームページを開き、売却したいマンションと同じ建物の住戸が売りに出ていないか見てみます。

売りに出ていたら、そこから大体の価格が分かります。ただし面積や階数、方角や状態などにより価格は異なってきます。同じ建物でなくても、周辺のマンションが売りに出されていれば、周辺の相場を知ることができます。

<インターネットの一括査定を利用する>

さらに詳しく知りたい場合は、インターネットの一括査定を利用することで、誰でも、簡単に、しかも無料で売却予想額を知ることができます。

査定は1社だけでなく、数社からもらうことで、大体の相場がわかります。しかし、多くの業者に直接依頼するのは手間がかかります。

インターネットの場合は、比較的簡単に複数の業者へ査定を依頼できる点がメリットです。

おすすめの一括査定サイトは?

インターネットのマンション一括査定サイトは数多くありますが、ここでは「日本最大級の中古マンション相場情報検索サイト<ふじたろう>」を紹介させて頂きます。

物件名や住所等のデータを入力すると、相場価格を知ることができる他、マップによるマンション相場・取引量の確認、1年後の予想価格や価格の変動なども知ることができます。

ふじたろうの簡易査定価格と、実際の成約価格とのかい離率は6.40%(2016年3月28日時点)と高い精度を持っています。

これは今すぐに売却しようとする方でなくても、1年先や2年先に売却をしたいという方にも有効です。

提携不動産会社は、東急リバブルや大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売など、大手も多く、安心して訪問査定を申し込むことができます。

2016年4月からはiOS用『ふじたろう』も提供されています。ぜひ試してみましょう。

ふじたろうサイト

売却の際の3つの価格とは?

査定価格が出ても、その価格ですぐに売れるという訳ではありません。
それは、その査定を出した不動産業者が買う訳ではなく、「買いたい」というお客さんがいてはじめて売れるからです。

次に、実際に不動産会社の担当者に来てもらい、マンションの住戸を見て、売り価格を決めることになります(訪問査定)。これが「売り出し価格」となります。

気をつけなければいけないことは、査定価格は高くして、売り出し価格を低くする不動産会社もあることです。

この点からも、事前にマンション相場を知っておくことが重要となります。
査定価格が高いということだけではなく、会社の実績や規模、そして説明をよく聞いて業者を選ぶ必要があります。

中古マンション 3つの価格
①査定価格
・・・最初に不動産会社が算出する売却価格の目安です。
②売り出し価格
・・・需要や周辺の価格変動などの動向に合わせて、実際に売り出す価格を調整します。
③成約価格
・・・最終的に売却(成約)できた価格です。ある程度の期間を経ても売れない場合や、買い主から価格交渉があった場合などは、売り出し価格から価格を下げる場合があります。
野中清志
野中清志    < 住宅コンサルタント >
マンションデベロッパーを経て、2003年に株式会社オフィス野中を設立。
首都圏・関西及び全国でマンション購入に関する講演多数。内容は居住用から資産運用セミナーなど、年間100本近く講演。
最近の主な著書・連載等

「「売れる」「貸せる」マンション購入法」週刊住宅新聞社
「ワンルームマンション投資法」週刊住宅新聞社
「「お金」見直し応援隊」日経BPセーフティジャパン(Web)他多数

テレビ出演等

TOKYO MX TV他「ビジネス最前線 不動産による資産活用の今」(2016年3月)、BS12〔TwellV(トゥエルビ)〕「マンション投資 成功へのセオリー」(2014年12月)、「海外投資家も注目する東京の不動産」(2013年11月)、他ACT ON TV等 多数