不動産会社

株式会社イーグランドの買取売却の口コミ評判は?事業内容や特徴をご紹介!

株式会社イーグランドは、中古住宅再生事業を展開する東証スタンダード上場企業です。低価格帯の物件が中心で、良質廉価な不動産を提供することが強みとなっています。

買取した住宅をリフォームして再販売するため、築年数が古い住宅や汚れが気になる住宅も買い取ってもらえる可能性が高いです。一方、都内のワンルームマンションのような物件は事業のメインどころではないため、サラリーマン投資家の売却先としては向いていないように思います。

イーグランドはどのような会社なのか、評判が気になる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、イーグランドの口コミ・評判とともに事業内容や特徴をご紹介します。住宅の売却や購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

詐欺まがいの買取営業が急増中!

近年、売買契約の違約金を狙った詐欺的な買取営業が急増しています!

「あなたの不動産を〇〇円(市場価格より高い金額)で購入したいという方がいます。」

こういった営業トークには要注意です。心当たりがある方は今すぐ相談ください。

また、DM、電話、訪問など・・・熱心に買取営業をしている不動産会社には絶対売ってはいけません。

本当に良い物件買取業者は口コミで次々に顧客が舞い込むもの。営業しないと顧客が見つからない時点で、詐欺ではないにしても、そうした会社に売却するメリットがありません。

電話営業してくる会社と、口コミで人気の不動産業者、どちらにあなたの不動産を売却したいですか?

私もワンルームマンションを売却した経験があります。今の時代不動産を保有していると非常にキケンですから。。

公式LINEで資産形成の相談や不動産の売却相談など乗っているので、お困りの方はLINEで連絡ください。

LINEで管理人に相談する

イーグランドの会社概要

イーグランドは2019年に創業30年を迎えた中古住宅再生事業の草分け的存在です。

1989年6月、不動産業を目的として有限会社恵久ホームを設立。2023年9月に株式会社恵久ホームに組織変更。2007年8月、株式会社イーグランドに商号変更しています。

2013年12月、東証ジャスダックに上場し、2015年11月には東証二部に、2017年12月には東証一部に市場変更。2022年4月に東証スタンダード市場へ移行しています。

2021年6月にはマンション・戸建のリフォームを専門にしている株式会社イードア(100%子会社)を設立しました。

社名 株式会社イーグランド(e’grand Co.,Ltd)
設立 1989年6月23日
資本金 8億3,652万円(2023年3月31日)
従業員数 119名 (2023年3月31日現在)
主な事業内容 中古住宅再生事業

事業所

イーグランドは東京に本店、横浜・大阪・札幌・名古屋の4都市に支店を開設して営業しています。

事業所の所在地は以下のとおりです。

本店 東京都千代田区神田錦町1丁目2-1

NEWNO(ニューノ) 神田錦町 7階

本社事務所 東京都千代田区内神田1丁目14-5

NK内神田ビル 9階

横浜支店 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-11

NMF横浜西口ビル2階

関西支店 大阪府大阪市北区梅田3丁目4-5

毎日インテシオ3階

札幌支店 北海道札幌市中央区南一条西7丁目12-6

パークアベニュービル2階3

名古屋支店 愛知県名古屋市中区栄3丁目4-15

鏡栄ビル5階

イーグランドの口コミや評判は?

実績豊富なイーグランドですが、利用者からの評判はよいのでしょうか。イーグランドの評判を調べてみましたのでご紹介します。

良い口コミ

普通の年収でも検討しやすい

“ちょっと前にたまたま観たバラエティで、都心の物件周りをしていた。

今、独身の人が、独身の時は自分が住んで、結婚後は賃貸で貸し出せばいいと物件購入を検討する人も増えてきているらしい。

普通の年収の独身の社会人でも、イーグランドで扱ってる物件の価格帯は検討しやすいんじゃないかな?”

出典:X

丁寧な対応だった

“とても丁寧な対応をして頂きました”

引用元:Google マップ

きれいにリノベーションされていた

“とてもいい買い物ができました。

とてもキレイにリノベーションされていて感動しました。

ありがとうございました。”

引用元:Google マップ

早く買取してもらえて満足

“確かに中古物件に強みはありましたが、それはあくまでも買取をされてリフォームされることを前提とされていたので、築が古かったので仕方ないとは言え、それでも思っていたよりも査定額が低かったです。

しかし、担当の方はとても熱心にサポートをしてもらえましたし、早く買い手が見付かるように協力もしてもらえました。

その結果無事に買い手も見付かり、予想していたよりも早く買取してもらうことができたので、その点には満足できました。”

引用元:すまいステップ

 

イーグランドの良い口コミには次のような声が見られました。

  • 普通の年収でも検討しやすい価格帯
  • 対応が丁寧だった
  • きれいにリノベーションされていた
  • 予想より早く買い手が見つかった

イーグランドが販売する物件は、若い方など一次取得者向けの居住用物件に特化しています。手の届きやすい価格帯なので、無理なく購入しやすいことが魅力といえます。

また、「対応が丁寧だった」「リノベーションがきれいで感動した」といった声も見られました。イーグランドでは建物の構造や築年数に合わせて最適なリフォームが施されるため、物件の価格が安くても快適な住宅が手に入ります。

査定額は期待していたより低い額だったものの、早く買取してもらえて満足できたとの口コミもありました。

イーグラントは買取後にリフォームをおこない、平均2,000万円という価格帯で再販売するため、買取価格は安くなる可能性があります。ただし、スピーディーに買取してもらえるため、早く現金化したい人にとってはメリットが大きいでしょう。

また、買取物件はリフォームによる再生を前提としているため築古がメイン。ワンルームマンションはリフォームが不要な物件がほとんどなため、メインではないでしょう。

不動産投資博士
不動産投資博士
ワンルームマンションを売りたいなら他の会社が良いでしょう。ワンルームマンションの売却先として考える私の基準は満たしていないので。

悪い口コミ

対応が悪いので買うのをやめた

“中古住宅販売をしているイーグランド社からマンションを買おうとしているのだが、対応が悪い。

住宅自体は魅力的なのだが、仮審査にネット銀行が使えないなど不便でしょうがない。

自分の稼いだお金がこの会社の売り上げになると思うと嫌な気持ちになるから、せっかくいい物件だったが買うのやめた。”

引用元:X

戸建にはあまり詳しくないようだ

“マンションは知りませんが戸建てはあまり詳しくないようなので絶対にやめた方が良いです。

ひどい対応でした。買わなくて良かった…。”

引用元:Google マップ

早い時期に不具合が出た

“誠意が全くない!

一生に一度の買い物したけど後悔ばかり。と身内が話していた。2年もしないで巾木が剥がれるってどういうことでしょう?同じマンションに住んでいる我が家は25年経っても1箇所も剥がれていません。

おまけに部屋を仕切る壁もガタガタしていて、素人の私が見ても不安しかない。地震で壁が崩壊しないように祈るばかり…”

引用元:Google マップ

イーグランドの悪い口コミには次のような声が見られました。

  • 対応が悪い
  • 戸建には詳しくなさそう
  • 短期間で不具合が出てきた

対応が丁寧だったとの良い口コミがある一方で、対応が悪いと感じた人もいるようです。中古戸建の再生販売を行っていますが、戸建には詳しくなさそうとの口コミも見られました。

しかし、これらは担当スタッフによって異なる可能性があります。スタッフの対応や知識に問題があると感じた場合は、担当者の変更をお願いするのも一つの方法です。

また、購入して短期間のうちに不具合が出てきたとの口コミもありました。不具合は出ないのが理想ですが、もし発生した場合、イーグランドでは迅速に対応する体制が整えられています。

リフォーム物件には部位別や工事内容に応じた期間のアフターサービスが行われているので安心です。

不動産投資博士
不動産投資博士
自宅用で対応が悪いとなかなか辛いですね、やはり大手が安心でしょうか。

一方、投資用ということであればもう不動産投資で利益を出すのは難しいです。ご存じのように価格が上がりすぎているので。

イーグランドの事業内容

イーグランドは中古住宅再生を中心に事業を展開しています。イーグランドの事業内容を紹介していきます。

中古住宅の再生

イーグランドは中古住宅再生事業に特化した企業です。仕入れた中古マンションや中古戸建を最適なリノベーションによって付加価値を高めてから再販売しています。

イーグランドのリフォームは、ベースをそのままにシンプルなデザインでリニューアルする「BASIC STYLE」や、デザイン性・機能性など現代の生活に合った間取りを検討する「+One STYLE」など、さまざまなスタイルがあります。

中古住宅の仕入れ

中古住宅市場は新規事業者の参入も多いため、仕入環境は年々厳しくなっていますが、イーグランドは競売と任売という2つの仕入れルートを確保しています。

競売とは住宅ローンなどの債権者が債権を回収するため、民事執行法に基づいて裁判所に申し立てを行うことです。入札方式で担保不動産を売却するため、最高額を入札した場合に落札できます。競売による仕入れは安価に仕入れられることがメリットです。競売市場は縮小傾向ですが、イーグランドはトップシェアを維持しています。

一方、一般の中古住宅流通市場における個人や法人から買い取る仕入れ形態をイーグランドでは「任売による仕入」としています。主に不動産仲介業者からの情報を通じて買取しています。

任売とは任意売却の略で、狭義では担保不動産を不動産仲介業者を通じて売却することを意味しますが、イーグランドでは一般の中古住宅市場における買取をすべて任売と呼んでいます。かつては競売による仕入れがメインでしたが、仕入れを多様化するために任売にも力を入れ始め、現在では任売での仕入の方が中心です。

任売による仕入れを行うことで、手持ちの住宅を早く高く売りたい売主と安くてきれいな物件を購入したい買主とのギャップを埋め、中古住宅の流通を促進しています。

不動産投資博士
不動産投資博士
築年数がある程度行っている物件であれば買取の相談をしても良いのではないでしょうか。
リフォームの必要がないワンルームマンションであれば専門に取り扱っている会社が良いでしょう。

その他不動産事業

イーグランドでは、不動産賃貸やリフォーム工事請負などの不動産関連事業も行っています。将来の安定したストック収益基盤構築のため、優良な賃貸用不動産を取得しています。

イーグランドの特徴

イーグランドの特徴を4つ挙げますので確認していきましょう。

実績が豊富

イーグランドは設立から30年以上の実績がある不動産会社です。東証スタンダード上場企業という安心感もあります。

リフォーム産業新聞が発表した「買取再販年間販売戸数ランキング2023」では、年間販売戸数が865戸で総合部門の第10位にランクインしました。近年は収益用物件の取り扱いや、リゾート物件の再生などにも取り組んでいます。

中古戸建の再生販売にも対応している

中古買取業者はマンション専業の業者が増えていますが、イーグランドは中古戸建の再生販売にも対応しています。

戸建ての買取を希望する場合、業者を見つけるのに苦労するかもしれませんが、イーグランドはマンションも戸建も買取可能なので、戸建を買い取ってほしい人や、リノベーション済みの中古戸建を検討している人にとって頼れる存在になるでしょう。

平均販売価格は約2000万円

良質廉価な不動産を提供することがイーグランドの特徴です。平均販売価格は約2,000万円と手の届きやすい価格帯です。

ワンルームではなくファミリー向けの物件で、若いファミリーなど一次取得者をメインターゲットとした低価格な居住物件に特化しています。

低価格帯の物件は景気による価格変動のリスクが少ないため、安定した需要があります。

自社に直販部門を設けていない

イーグランドは自社に直販部門を設けず、各物件の地元の不動産仲介会社に物件販売の仲介を依頼しています。

これにより、広いエリアで多くの物件を取り扱うことが可能になり、少人数でも効率良い販売体制が取れます。

イーグランドを利用するメリット

イーグランドを利用するメリットには次のことが挙げられます。

築年数が古くても買い取ってもらえる可能性がある

イーグランドは買い取った物件をリフォームし、住宅としての機能を回復して付加価値を高めてから再販売することに特化しています。そのため、買い手が見つかりにくい築年数が古い物件でも条件が合えば買い取ってもらえる可能性があります。

早く売却できる

手持ちの物件をできるだけ早く売却して現金化したくても、仲介業者に依頼すると売れるまでに時間がかかる可能性があります。イーグランドは買取業者なので、査定額に納得すれば早く売却できます。

売却後のトラブルの心配がない

不動産を売却する場合、売却後に設備等の不備が発覚すると売り手が責任を負わなくてはなりません。しかし、イーグランドはリフォームすることを前提に買取するため、売却後にトラブルの心配がないこともメリットの一つです。

イーグランドの注意点

イーグランドを利用した売却にはデメリットといえることもあります。注意点には次の2つが挙げられます。

ワンルームマンションには向いていない

イーグランドは中古物件の再生ノウハウが差別化ポイントであり、リフォームの必要ない築浅のワンルームマンションではその力が生きません。

ワンルームマンションは専門業者がいますし、その中でも相談すべき会社の特徴があります。無理にイーグランドに依頼する必要はないでしょう。

買取価格が安い可能性がある

イーグランドは買取した中古物件をリフォームして再販売するため、買取の査定額は低い可能性があります。

口コミでも「思ったより査定額が低かった」との声が見られるため、できるだけ高く売却したい方は、仲介業者に依頼した方がよいかもしれません。

全国に対応していない

イーグランドの事業所は東京本店・横浜支店・大阪支店・札幌支店・名古屋支店です。国内の主要都市に支店がありますが、買取できるエリアはあまり広くありません。

全国に対応していないことがデメリットといえます。

まとめ

近年はライフスタイルが多様化したこともあり、リノベーションした中古物件に注目する人が増えました。スクラップ&ビルドの新築は大量の廃材を出すとともに材料も必要になります。一方、中古住宅のリノベーションは今ある資源を活用するため、新築住宅より安く手に入るだけでなく、環境にも優しいといえるでしょう。

イーグランドは「思っていたより査定額が低かった」との口コミがあるように、買取価格はあまり高くない可能性があります。また、リフォーム前提なのでワンルームマンションの売却には向いていない可能性があります。

ワンルームマンション売却を検討している方は相談に乗れるのでLINEで連絡いただけたらと思います。

ワンルームマンションをお持ちの方へ

ワンルームマンションは絶対にやってはいけない投資です。

もし今ワンルームマンションをお持ちなら、損切りしてでも手放してください。

ワンルームマンションは月々の手出しがマイナスである上に、資産価値も老朽化と共に下がっていきます。少しでも早く売却することがダメージを最小限に抑える最適解です。

私も持っていたワンルームマンションは手放しました。購入額よりも高くは売れましたが、インフレの影響もあるので、実質トントンでしたね。。

日本の歴史的な低金利政策はそろそろ終盤を迎えており、海外に合わせて利上げをしていくことが最早既定路線です。不動産価格は低金利に伴って高騰してきた背景があるため、利上げになれば物件価格は下がります。

また、低金利時代にアメリカ株S&P500もここ10年成長しているため、積立投資先として人気ですが、これもアメリカの低金利政策の恩恵と言われており、今後10年の株価は不透明です。

これからの高金利時代は、過去10~15年の資産運用の常識は通用しません。これからの資産形成について相談したい方はLINEでお問い合わせください。

LINE相談はこちら