不動産会社

株式会社big onesの買取売却の口コミ評判は?行政処分?不動産買取に注力する不動産会社!

株式会社big onesは、東京都渋谷区にオフィスを構える不動産会社です。不動産事業以外にもアパレルやアートなど、さまざまな事業を展開しています。

本記事では株式会社big onesの会社概要や事業内容、特徴などについてご紹介していきます。

株式会社big onesと検索すると、とても不安な検索サジェストが出てきますね。

当サイトではあまり詳しくは書けませんが、同社名で検索すれば色々と情報が出てきます。正直こうした会社の場合、個人的には距離を置くようにしています。。

詐欺まがいの買取営業が急増中!

近年、売買契約の違約金を狙った詐欺的な買取営業が急増しています!

「あなたの不動産を〇〇円(市場価格より高い金額)で購入したいという方がいます。」

こういった営業トークには要注意です。心当たりがある方は今すぐ相談ください。

また、DM、電話、訪問など・・・熱心に買取営業をしている不動産会社には絶対売ってはいけません。

本当に良い物件買取業者は口コミで次々に顧客が舞い込むもの。営業しないと顧客が見つからない時点で、詐欺ではないにしても、そうした会社に売却するメリットがありません。

電話営業してくる会社と、口コミで人気の不動産業者、どちらにあなたの不動産を売却したいですか?

私もワンルームマンションを売却した経験があります。今の時代不動産を保有していると非常にキケンですから。。

公式LINEで資産形成の相談や不動産の売却相談など乗っているので、お困りの方はLINEで連絡ください。

LINEで管理人に相談する

株式会社big onesの会社概要

株式会社big onesは2015年6月23日に設立されました。当初は数名のメンバーによる不動産ベンチャーでしたが、今では不動産事業を主軸にアートやスポーツ、アパレルなど多岐に渡るジャンルの事業を展開しています。

会社名 株式会社 big ones(ビッグワンズ)
代官山Office 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町19-8 LIGHT HOUSE
渋谷Office 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-19-1 HOUSE ONE B1
設立年月日 2015年6月23日
資本金 80,000,000円
代表者 代表取締役社長 三浦 大岳
従業員数 30名(役員含む)
事業内容 売買及び仲介事業、賃貸仲介事業、賃貸管理事業、不動産コンサルティング事業、

保険代理店事業、アート事業、EC事業、スポンサーシップ事業、アパレル事業、

スポンサーシップ事業、クリエイティブデザイン事業、ヘルスケア事業

株式会社big onesの特徴

「日本の大家をとてつもなく幸せにする」という思いから、2015年に数名のメンバーで立ち上げた株式会社big ones。総合不動産を中心として不動産投資や賃貸、リノベーションによる不動産再生などを手掛けています。

創業から4年後の2019(令和元)年、これまでに培った経験や専門性などをもとに、不動産の枠を超えたよりスケールの大きな喜びや感動を届けることに挑戦したいという想いから、コーポレートスローガンを「道なき未知を探求する」に一新しました。

これを機に、株式会社big onesは不動産企業という立ち位置を改め、不動産の枠を超えた取り組みをおこなっています。

不動産投資博士
不動産投資博士
と言いつつも、同社名で検索すると、コンプライアンスを疑うような内容が出てきたりするため、主張を鵜呑みにするのではなく、自分の頭で判断しましょう。

株式会社big onesの事業内容は総合不動産事業を主軸に、アート事業、アパレル事業、スポンサーシップ事業など多角的に展開しています。なぜ多彩なジャンルの事業を手がけているかというと、異なるカルチャーの融合がお客様にまだ見ぬ喜びをもたらすと考えているからです。

不動産にとらわれず、さまざまな事業を展開することで、お客様により豊かな暮らしや生き方を提案できることが株式会社big onesの大きな特徴と謳っています。

ここからは、株式会社big onesの主な事業内容をご紹介します。

  • 不動産事業…不動産の買取再販
  • 企業向けサービスの「anyshot(エニショット)」、コンシューマ向けサービス「anyrent(エニレント)など
  • アパレル事業…PARK SSCの日本公式オンラインストアを運営
  • スポンサーシップ事業…サッカーベルギー1部リーグ「STVV」とのスポンサー契約
  • アート事業…アートスペース「EUKARYOTE」を設立
  • ヘルスケア事業…鍼灸整体院「The bellness omotesando」をオープン
こうした事業の多角化戦略を見ていると、やはり不動産投資に限界があるのでしょう。不動産投資が本当は儲からない投資だというのが、投資家に透けて見えているといえます。

不動産の買取再販

株式会社Big onesのメインは不動産事業。その不動産事業の主軸となるのは、不動産の買取再販事業です。眠っていた物件や相続した物件など、売却を希望している所有者から投資用不動産を仕入れ、リノベーション物件や中古マンション、中古一戸建てなどさまざまな不動産物件を取り扱っています。

株式会社big onesが以前、求人サイトに掲載していた情報によれば、月8,000通〜1万通のDMを送付し、そこから月30件ほどのお問合せがあるとのこと。そのうち成約につながるのは2〜4件だそうです。

基本的に訪問や電話で営業することはなく、不動産のオーナーにDMを送り、お問合せがあったオーナーとだけ商談を行うスタイルのようです。仕入れたマンションは、投資用マンションとして販売or他の不動産業者へ卸していると考えられます。

正直、1万通から2~4件の成約という反響率から考えると、オーナーにとって魅力的なオファーが出せていないのかな、、という印象を持ちます。こういった買取業者は自社で顧客を抱えている場合は比較的強気の値段で交渉してきますが、仕入れた物件を別の不動産会社に流すことが前提の場合は、買取金額も安くなってしまう傾向があります。そのあたりに要因があるのでしょうか。。

なお、株式会社big onesとGoogle検索をすると、不穏は四文字『〇〇〇〇』がサジェストされます。

詳しくは本ブログには書きませんが、検索すると色々と情報が出てきます。

個人的には、特に不動産業界においては、こう言う情報が出てくる会社と取引はしたくないな、とい言う印象です。もし今話が進んでいるけど不安と言う方は、断り方だったりをアドバイスできるので、お気軽にLINEください。

とはいえDMを受け取ったならいいきっかけ。不動産は一刻も早く手放しましょう。

賃貸検索anyrent(エニレント)

エニレントは、掲載している全ての賃貸物件を動画で内見できて、物件選びから契約までスマホ1つで完結するワンストップ型オンライン賃貸サイトです。すきま時間を利用して、動画を内見しながら部屋探しができます。

部屋を賃貸するときは、契約前の内見が必須です。しかし、実際に内見してみると「イメージしていた部屋と違う…」とガッカリした経験はないでしょうか。

休みを利用していくつかの部屋を内見しても、気に入った部屋が見つからないこともあるものです。何件もの候補を1つずつ内見するのは手間がかかります。このように忙しい現代人にとって負担になるお部屋探しを解決するために考えられたのがエニレントです。

エニレントはワンカット風動画でルームツアーができるので、生活動線がイメージできます。実際に内見して、イメージしていた部屋と違うということもなくなるでしょう。

エニレントのお部屋探しは次の6ステップです。

  1. 動画を見ながらお部屋探し
  2. 気になるお部屋を見つけたら日程を選んで内見予約
  3. 実際に現地で内見可能。オンラインでの内見も可能。
  4. Webフォームから入居申し込み
  5. オンラインで契約
  6. 引っ越し

動画のルームツアーで気に入る部屋が見つかれば、実際に現地に足を運んで内見できます。あらかじめ動画で確認できるので、何件も回らなくても気に入った部屋が見つかるでしょう。

また、忙しくて内見の時間が取れない人は、希望すればオンラインでの内見も可能です。スタッフがお部屋に行き、ビデオ通話で内見できます。採寸も代行してもらえるので、お手持ちの家具を配置できるか確認したいときも安心です。

忙しい人や、効率よくお部屋探しをしたい人にとって便利なサービスですが、現在のところ対応エリアが限られています。

<現在の対応エリア>

渋谷区/港区/目黒区/大田区/品川区/世田谷区

<現在の準対応エリア>

新宿区/中野区/杉並区/文京区

新規エリアは随時追加中とのことなので、これから対応エリアが広がることが期待されます。

また、お部屋探しをサポートしてくれる「anyrent コンシェルジュ」もあります。お部屋探しのプロであるanyrentコンシェルジュが、満足度の高いお部屋を提案。他社サイトに掲載している部屋や、Webサイトに掲載していない未公開のお部屋も紹介してもらえます。

引っ越しや電気・ガス・水道などライフラインの手続き、新生活のための家具など、部屋が決まった後の悩みもサポートしてくれます。

会社員は忙しいので賃貸不動産の内見すら時間取れないですからね、、、そうしているうちに良い部屋は取られていくし。。個人的には良いサービスかな!と思います。
ただ、同社の評判はしっかり調べてから依頼するかどうかを決めた方が良いでしょう。

不動産物件の動画・写真撮影代行サービス「anyshot」

anyshotは、不動産会社向けの物件動画・写真撮影代行サービスです。動画は20代〜30代の間で現在主流になっている縦型ルームツアー動画を1分程度に編集した状態で納品されます。実際に現地に足を運んだような雰囲気が味わえるので、他社との差別化が可能です。

料金は、業界トップクラスの低価格で、撮影から編集まで込みで1部屋10,560円〜。撮影から編集まで最短3営業日のスピード納品です。

対応エリアは東京23区と一部神奈川・千葉・埼玉です。ポータルサイトや自社サイトに掲載したり、SNSでの物件紹介、内見前の接客説明などに活用できます。

プランや料金は以下のとおりです。(2023年11月現在)

<外観・共用部分・部屋の動画および写真>

One-shot Starter Business Enterprise
契約 月額契約 年間契約 年間契約 年間契約
内容 1部屋ずつ単発での発注 月に10部屋までの撮影データを納品 月に20部屋までの撮影データを納品 月に30部屋までの撮影データを納品
料金 1部屋:14,300円 1部屋:12,100円

月額:121,000円

1部屋:11,000円

月額:220,000円

1部屋:10,560円

月額:316,800円

<動画なしの写真だけの撮影>

One-shot Starter Business Enterprise
契約 月額契約 年間契約 年間契約 年間契約
内容 1部屋ずつ単発での発注 月に10部屋までの撮影データを納品 月に20部屋までの撮影データを納品 月に30部屋までの撮影データを納品
料金 1部屋:11,000円 1部屋:8,800円

月額:88,000円

1部屋:8,250円

月額:165,000円

1部屋:7,700円

月額:231,000円

料金には交通費(対象エリアに限る)も含まれています。1社1回のみ撮影無料トライアルが可能です。

オーストラリア発「PARK SSC」の日本独占輸入販売権を取得

株式会社big onesは、メルボルン発のアパレルブランド「PARK SSC」の日本独占輸入販売権を取得し、日本公式オンラインストアを運営しています。

PARK SSCは、サッカーを通して社会貢献をするブランドです。世界中の子どもにサッカーをする機会を与えることで、SDGsの17の目標のうち「貧困をなくそう」「全ての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」「人や国の不平等をなくそう」に寄与しています。また、商品の利益の半分は、若者をサポートする慈善団体に寄付されています。

PARK SSCがおこなうプロジェクトの一つが「PASS-A-Ball Project」です。これは、サッカーボールを一つ購入すると、同じ型のサッカーボールが恵まれない環境にある子どもたちに届けられるプロジェクトです。これまで25カ国の子どもに8,000個以上のサッカーボールが贈られています。

サッカー元日本代表の本田圭佑氏は、個人投資ファンド「KSK Angel Fund」からPARK SSCに出資しています。

こういう他事業を見ると、不動産事業が儲かってないのかなって感じますね。。不動産投資家はどのドン減っていますからね。

サッカーベルギー1部リーグ 「シント=トロイデンVV(STVV)とのスポンサー契約

株式会社big onesは2018年よりベルギー・ジュピラーリーグ所属のサッカークラブSTVV(シント=トロイデンVV)のオフィシャルスポンサーです。STVVはベルギー・プロ・リーグ1部に所属するサッカークラブで、2017年11月に合同会社DMM.comが経営権を取得しています。

不動産投資博士
不動産投資博士
不動産会社は、こういったスポーツクラブや格闘家のスポンサーになりたがる会社が多い印象。。正直投資家には何のメリットもないですし、むしろその分利益が上乗せされてるのかと思うと、不要だなと思います。

「道なき未知を探求する」をビジョンに掲げる株式会社big onesはSTVVを応援し、サッカーが生む感動や熱狂の話を広げていこうとしています。STVVには国境を越えて活躍する日本人選手が6名所属しています。小さな不動産ベンチャーから始まった株式会社big onesも今では総合不動産企業としてお客様の人生のお手伝いをしています。欧州の舞台で名だたるビッグクラブを相手に躍動する彼らと志は同じでありたいという飽くなき探究心が、スポンサー活動の根底にあるとのことです。

サッカーと不動産は無関係のようですが、株式会社big onesは異なるカルチャーの融合がお客様にまだ見ぬ喜びをもたらすと考えています。STVVのスポンサー活動は、不動産の枠組みを超えて世界を見据える株式会社big onesの挑戦でもあります。

アートスペース「EUKARYOTE」を運営

株式会社big onesは、2018年に東京の神宮前にアートスペース「EUKARYOTE」を設立しました。1Fから3Fまで3フロアと屋上を有する1棟のアートスペースです。

EUKARYOTEとはラテン語で「本当の核を有するもの」の意味を持ちます。EUKARYOTEでは、普遍的な価値を持つ作品や作家を積極的に取り上げています。

住所:東京都渋谷区神宮前3-41-3

営業時間:12:00〜19:00

定休日:月曜日

鍼灸整体院「The bellness omotesando」をオープン

株式会社big onesが2020年にヘルスケア事業の第一弾としてプロデュースしたのが、表参道の鍼灸整体院「The bellness omotesando」です。2020年8月10日にグランドオープンしました。

全スタッフが国家資格保有者なので、専門知識と高い技術力があります。さらに今までの鍼灸整体院にはないホスピタリティ×アート空間で至極のリラックスを提供します。

完全予約制で、コースはボディケアコースとビューティーコースの2種類です。

ボディケアコースのメニューは「整体マッサージ」「鍼灸マッサージ」「マタニティケア(産前産後ケア)」など。ビューティーコースには肌質の改善とリフトアップを促す「美容鍼」やあごの歪みや不調を整え左右差を整える「小顔調整」などのメニューがあります。

住所:東京都渋谷区神宮前 5-40-10 METROCA 002

営業時間:10:00 〜22:00

定休日:不定休

まとめ

本記事では、株式会社big onesの事業内容を中心にお伝えしました。

主軸の不動産事業は、不動産オーナーから物件を買取り、自社顧客に不動産を販売する買取再販です。他にも賃貸不動産事業も展開されており、不動産に関する事業は一通り押さ抑えている印象です。

一方、不動産以外の部分では、サッカーを通じて社会貢献する「PARK SSC」の日本独占輸入販売権を獲得し、日本公式オンラインショップを運営。他にもサッカーベルギー1部リーグSTVVとのスポンサー契約を結ぶなど、盛んに活動されています。

やはり気になるのは検索サジェストでしょうか。。

私自身はワンルーム不動産投資は今すぐやめるべきだと考えていますが、安く買い叩かれるほど馬鹿らしいこともありません。big onesの買取DMの歩留まりの悪さを考えると買い叩こうとしている可能性を感じます。不安な方はLINEいただければできるだけ高く売却する方法についてアドバイスできますので、お気軽にご相談ください。

ワンルームマンションをお持ちの方へ

ワンルームマンションは絶対にやってはいけない投資です。

もし今ワンルームマンションをお持ちなら、損切りしてでも手放してください。

ワンルームマンションは月々の手出しがマイナスである上に、資産価値も老朽化と共に下がっていきます。少しでも早く売却することがダメージを最小限に抑える最適解です。

私も持っていたワンルームマンションは手放しました。購入額よりも高くは売れましたが、インフレの影響もあるので、実質トントンでしたね。。

日本の歴史的な低金利政策はそろそろ終盤を迎えており、海外に合わせて利上げをしていくことが最早既定路線です。不動産価格は低金利に伴って高騰してきた背景があるため、利上げになれば物件価格は下がります。

また、低金利時代にアメリカ株S&P500もここ10年成長しているため、積立投資先として人気ですが、これもアメリカの低金利政策の恩恵と言われており、今後10年の株価は不透明です。

これからの高金利時代は、過去10~15年の資産運用の常識は通用しません。これからの資産形成について相談したい方はLINEでお問い合わせください。

LINE相談はこちら